不眠症の問題、個々ってうつの仲

 

不眠の病態

 

不眠と言っても病態は人それぞれで、いくつかのジャンルがあります。

 

なかなか寝付けない

 

ひとつは相当寝付くことができないというものがあり、不眠としてはひときわ代表的な病態の一つといえるでしょう。

 

途中で目が覚める

 

次に眠りにつくことはできるものの、途中で何度も起きてしまって寝た気がしないというのも、不眠の病態となります。
起きたい暇よりも絶えず早く起きてしまって、直後寝付くことができないとい病態も不眠のひとつとなっています。

 

睡眠の質が悪い

 

寝ることができるものの睡眠が浅くて、熟睡暇ほどに寝たような雰囲気がしないというものもあります。

 

これらの病態は何れか一門だけ起こることもありますし、複数のものがいくつも共に交ざるということもあるため、病態は千差万別異なるものとなります。

 

共通する部分としては、寝なければならないところ寝ることができず、寝てはいけない日中に眠たくて眠気をこらえることが大変というのが、すべてのジャンルに類似をしている代物となっています。

 

このように不眠というのは、ただ眠ることが出来ないという訳ではなく、熟睡の出来にインパクトをする症状が現れる代物全体をさすものとなります。
不眠で悩んでいるユーザーは、いくつかのジャンルがあるという事を理解しておきましょう。

 

不眠とうつの動機

 

眠りたいのに眠れないという不眠という状態は、うつという疾患という濃い関係があります。

 

鬱病を患って掛かる人の約9割は不眠症という病態に悩まされていると言われています。

 

病棟では、抗うつ剤などの治療薬と共に睡眠薬を出されて要る患者さんも数多くいらっしゃる。

 

そもそも鬱病の診察基準の要素の一つに、不眠症などの不眠の病態が出ている事が挙げられていらっしゃる。

 

不眠症は鬱病の初期の病態としてよく重要な証となります。

 

熟睡暇が短かったり寝付く事が困難だったり、睡眠が浅くて一気に覚醒してしまったりという病態が、鬱病にて引き起こされます。

 

色々なジャンルがある不眠の中でも中でも、明け方目が覚めてしまい引き続き眠れなくなって仕舞うという「早朝覚醒」が鬱病のユーザーに多いジャンルとなっています。

 

このように、不眠とうつは相互に影響し合っておる動機という事が出来ます。

 

こういう病態には脳際のセロトニンという物質が関係しています。

 

不眠症やうつの病態が出ている患者さんは、そのセロトニンの分泌が減っている事が分かっています。

 

不眠が素晴らしくなればうつの病態も良くなる傾向になりますし、そのあべこべでうつの病態が望ましくなれば自然と不眠も改善されていきます。